ゲド戦記
ようやく見ました。
「ゲド戦記」です。

いや~~~やはり夏はジブリですよ。
ジブリ!!

オヤジ・宮崎駿の大ファンなのでしょうね、監督の宮崎吾朗さんは。

「ああ、そうそう、こういうのを待ってたんだよ」
っていう宮崎ジブリの世界観モロやねんけど・・・・

やはり、宮崎駿には劣る。
ええもう、遥かに劣ってましたね。

「ナウシカ」と「もののけ姫」を合体させました!!
って感じ?
しかも「ナウシカ+もののけ」やからもう、内容が暗い。
ストーリーの起伏無し、山場無し、眠たい。
そしてキャラが歴代の作品に登場するキャラに似すぎ。
「どっかで見た事ある」っていうキャラばっかりやで!!
アレンが引いてる馬も、ヤックルやんか!!

すんごいメッセージ性はあるし、すごくいい映画なのだが、
宮崎駿監督にやってもらいたかった。
原作のゲド戦記が壮大な為、2時間に抑えるのは説明不足だったかも。

絵も雑。急いで作っちゃった??
線も太くて古臭い。

がしかーーーーーーーし!!!

このテルー役の手蔦葵ちゃんの「テルーの唄」にはやられた!!
最高!!
この歌のおかげでだいぶ評価が上がるのではないでしょうか??
「こ~ころを~なににたとえよ~お~♪」
泣く。

岡田准一(アレン)の声も違和感なく聞けたし、菅原文太(ゲド)なんて完璧。
レンタルされたらもう一度見たい。

「いのちを大切にしない奴なんて、大嫌いだ!!」

いいこと言う~。
b0082029_033079.jpg

[PR]
by c-chan88jp | 2006-08-06 23:08 | 映画