武士の一分
山田洋次監督の【武士の一分】を観ました。

「たそがれ清衛兵」と同じ方言「~でがんす」の台詞まわしや、
登場人物の役職など設定が似たようなものばかりでした。

でも、この手の人情時代劇は好きです。
何かを守るために、ひたむきに生きる姿は素敵です。
サムライ・スピリットを感じます。
赤穂浪士のような、武士の一分。
カッコイイです。

がしかし。

キムタクは無いですね。

完全に合ってません。
キムタクが何かしゃべる度に違和感を感じる。
ヤツが台詞を言うと、一気に現代にタイムスリップです。
ありえないくらいに、一人だけ時代劇してない。

目が見えない剣士ではなく、しゃべらない剣士にしてしまえ。

ものすごくシラけて観てしまった。
な~んか、もったいないなぁ~。って感じでした。
[PR]
by c-chan88jp | 2006-12-16 23:50 | 映画