カテゴリ:映画( 23 )
やっっっと見た東京タワー
オカンの苦しむ姿はかわいそうやった…

でもリリーの高校生役には無理があった…





無駄なキャステングにもどーかと…。



板尾もキョンキョンも寺島進も宮崎あおいも別に出なくて良かったやん!!


田口トモロヲはどこにおったかわからんかったし!!


でも原作の大ファンなのでかなりひいき目で見ました。




松尾スズキ…、あのミスマッチなキャステングはわざとなのかしら?




一連の東京タワーシリーズを総合的に見て、大泉洋が1番似合っていたし、もこみちドラマの4話までの方が泣けたなぁ。



あ~、最近全然映画見て無いなぁ~
[PR]
by c-chan88jp | 2007-05-16 00:17 | 映画
ひょへーっ
忙しい~んっ

外食続きで太りたい放題っ!!


こないだ、試写会で『ラブソングができるまで』観ました。

あのコーラとかゆー歌手役のヘンリー・ベネット?(名前合ってる?)が、かわいすぎました。

あんなんになりたい。

話の内容は王道というか、普通でした。

見たい映画が続々と公開されていくーっ

時間が欲しい~っ
[PR]
by c-chan88jp | 2007-04-23 20:06 | 映画
久しぶり過ぎですな。
日記更新が・・・滞っている。
が、そんなことはさておき。

もーーーとにかくもーーーーー!!

無理!!

会社が!!
辞めるよ?
もう辞めちまうよ??

春までに転職してやるーっ

我慢も底をついた。
あたしにしては、よく頑張った。
珍しく頑張った。

ハゲ!!最後には顔面殴ってやるから覚悟しとけよ。
(って傷害事件になってまうか・・・)

で、

映画を観ました。
2本。
『どろろ』と、『マリー・アントワネット』です。

『どろろ』
原作の漫画を持っているので、話はすでに知っている。
まぁ、原作とそないに違和感は無かったです。
妻夫木にも、柴咲にも、そないに嫌な感じはしなかった。
最初は、「お!結構カッコイイ!!」って思ったけど最後の方は、飽きた。
だって長いんだも~ん。
最近の映画は、長いね~
平気で2時間を越える。
特に心に残る一本では無かったけど、観るならスクリーンの方が面白いと思う。

『マリー・アントワネット』
やばい!かわいい!!素敵ーーーーーーっ!!
と、ソフィア・コッポラの美意識にまんまとひっかかってしまった。
なっといっても、面白くない!!!ビックリ!!!
これも、子供の頃に原作の本を熱心に読んでいただけに、
話がぜーんぶわかっている。
次の展開とか、全然読める。
それはそれで良いのだけれど、ただただ無駄なシーンが多い。
草原走ってるだけのシーンが、なげーーーーーー!!とか、
特に意味のない庭の景色だけのシーンが、なげーーーーーーー!!とか、
「いりませんよ」とつっ込みたくなる間が多すぎ。

そらーかわいかったですよ。
マロノの靴も、衣装も、そらーかわいかったですよ。
キルスティン・ダンストは個人的にもすごく好きな女優さんで、
そらそら、ひたすらにかわいかったですよ。

でもでも、それだけ。

さらに、エンディングが衝撃的。
ガッカリ。
ものすごい、ガッカリ。
ある意味忘れられないくらい、ガッカリ。
ガールズムービーは、ストーリーがつまんねぇから要注意なんだよな。

次は『さくらん』に期待。
監督してるあの写真家、ちょっと好きなので。
[PR]
by c-chan88jp | 2007-02-07 00:13 | 映画
それでもボクはやってない
来年1月に公開される、話題の法廷映画の試写会に行ってきました~
周防監督の【それでもボクはやってない】
今の日本の裁判のありかたをリアルに描いた映画です。
痴漢冤罪で無実の罪を着せられた青年の物語。

すごーく、おもしろかったです!!
話が!!
本当に、今の日本の現状が怖いと思った。
いつ犯罪に巻き込まれるかわからない世の中で、
無実であろうともいつ犯罪者にされるかわからない世の中でもあるのです。

裁判とか興味ない人ほど、観て何かを感じたらいいんだろうと思った。
こんなにまで悲しく卑劣な裁判が横行している日本を、知るのには良い機会だと思う。

試写会の後に、周防監督が来て、会場のお客さんとの質疑応答みたいな討論会??
があって、「観た後に語り合いたくなる映画って、よく言われるんです」って言ってたけど、
ほんとにそう。これは議論したくなっちゃうね。

本当に、面白かった。ん~、面白いっていう表現は少し違うかな・・・?
非常に興味深い??とにかく真剣に観た。見入った。

GBAの『逆転裁判』シリーズが大好きなあたしとしては、
今の裁判のあり方、検察側の「なんとしてでも有罪にしてやる」的な圧迫も
少しくらいは解っていたものの、やはりゲームと現実は違う。

人生がかかっているのだ。
リセットなど、できるものか。

2009年には、裁判員制度が導入されるので、
もう少しくらいは裁判に対する知識は持っておいた方がいいかもしれないな。

いつもいつも、誘ってくれるいわしちゃん、ありがとうね★
[PR]
by c-chan88jp | 2006-12-19 23:48 | 映画
武士の一分
山田洋次監督の【武士の一分】を観ました。

「たそがれ清衛兵」と同じ方言「~でがんす」の台詞まわしや、
登場人物の役職など設定が似たようなものばかりでした。

でも、この手の人情時代劇は好きです。
何かを守るために、ひたむきに生きる姿は素敵です。
サムライ・スピリットを感じます。
赤穂浪士のような、武士の一分。
カッコイイです。

がしかし。

キムタクは無いですね。

完全に合ってません。
キムタクが何かしゃべる度に違和感を感じる。
ヤツが台詞を言うと、一気に現代にタイムスリップです。
ありえないくらいに、一人だけ時代劇してない。

目が見えない剣士ではなく、しゃべらない剣士にしてしまえ。

ものすごくシラけて観てしまった。
な~んか、もったいないなぁ~。って感じでした。
[PR]
by c-chan88jp | 2006-12-16 23:50 | 映画
映画二本立て
昨日はウォーキングしました。
2時間。
めっちゃ腰痛い。
これって痩せるんですか??
歩いているうちに、美味しそうな創作料理屋とか
カフェダイニングを見つけては
「今度この店来ようなぁ~」とか
ダイエットの意味あるんですか??みたいな発言だらけ。
ああ、欲望は増えるのみ!

今日は家でじっくり映画鑑賞。
仕事終わってから2本立て。

まずは、「イン・ザ・プール」

いや~、面白かった!!
精神病院の話なんですけどね、
この精神科医(松尾スズキ)の適当ぶりに思わず笑ってしまいます。
オダギリジョーかっこよかった~
持続勃起症っていうふざけた病気なんですけどね。
だって24時間勃ちっぱなしですよ!?
それを隠そうとする姿がかなりオモロイ。

田辺誠一(プール依存症)の上司の言う台詞がいちいちツボにハマった。。
「何やってんだよ!このノロマ!!」
って怒鳴られてる部下の女の子に、
横から、「ノロマって・・・、のろい馬って書くんだよね・・・。」って、
「・・・だから?」って感じのこの微妙なフォローがかなりウケた。
田辺誠一自身もオモロイんやけどね。

ストレスからくる心の病気を抱える現代人。
「さぁ!ストレスを笑え!!」

続いて「ニライカナイからの手紙」

蒼井優ですわ。ものごっつい泣きました。
もうね、久々に映画見て号泣しました。
沖縄の離島・竹富島の家族の物語。
子供を置いて島を出た母親と、
置いていかれた孫をずっと一人で育てたオジィと、
夢を追って島を出ようかと迷う少女のヒューマン・ドラマ。
‘子供を置いていったワケ’を知ったとき、
もうほんまに泣きまくった。
ああ、沖縄っていいなぁ~
やっぱり、いいなぁ~~~~~~

ちなみに、主人公はカメラマンを目指して
アシスタントとして働くシーンが多くあるのですが、
その時のスタジオでの仕事が
あたしがその昔、カメラをやりたくてスタジオで働いていた時の
あの機材、あのフィルム、あの台詞・・・、
全部そのままほんまにやってた!!!って思い出された。
ほんまに、全く同じことしてました!!!
もう、それからというもの蒼井優に共感しまくり!!

二本ともすっごい、良い映画でした☆ 
かなりオススメですよ♪
[PR]
by c-chan88jp | 2006-08-23 23:11 | 映画
ホテル・ハイビスカス
暑いですねぇ~・・・

東京は朝から大停電で。
都会はクーラーが止まってしまうと大変でしょう。
大騒ぎですね。

あたしは朝からお盆らしく、家族でお墓参りに行きました。
あの暑さの中、お墓のコケを洗っているうちに、
汗がドバードバーっと流れてくる。
暑い・・・死んでしまう・・・。
うおー

んで、帰りにユニクロに行って部屋着をちょこちょこ購入。
兄上の服のセンスのヤバさにほとほと疲れました。
なんでユニクロで奴の全身コーディネイトをせなアカンのか。
ついでにオトンの服まで選ばされた。

帰ってからはゴロゴロと、家でビデオを見ました。

ホテル・ハイビスカスです。

石垣島で小さな民宿を営んでいる一家のひと夏の物語。

最高でしたね!!この映画、あたしは大好きです!!
お盆に見るのに最適です。
テンションが常に高い主人公の女の子、
子供を見慣れない大人が見ると「テンション高すぎて見てられない」と思うかもしれませんが、
この姿はかなり、子供の素の姿だと思います。

懐かしさと、沖縄のやさしいイメージと、先祖やお年寄りを敬う沖縄や
アメリカの軍事基地などの問題がささやかに織り込まれた素敵な作品でした。
こんな、てぃだ(太陽)・かぁちゃんにあたしもなりたい。

めっちゃ好き。
ああ、沖縄大好き。
沖縄三線、習いたいぜーーーーー!!
島唄で、踊りたいぜーーーーーー!!b0082029_16193471.jpg
[PR]
by c-chan88jp | 2006-08-14 16:19 | 映画
ゲド戦記
ようやく見ました。
「ゲド戦記」です。

いや~~~やはり夏はジブリですよ。
ジブリ!!

オヤジ・宮崎駿の大ファンなのでしょうね、監督の宮崎吾朗さんは。

「ああ、そうそう、こういうのを待ってたんだよ」
っていう宮崎ジブリの世界観モロやねんけど・・・・

やはり、宮崎駿には劣る。
ええもう、遥かに劣ってましたね。

「ナウシカ」と「もののけ姫」を合体させました!!
って感じ?
しかも「ナウシカ+もののけ」やからもう、内容が暗い。
ストーリーの起伏無し、山場無し、眠たい。
そしてキャラが歴代の作品に登場するキャラに似すぎ。
「どっかで見た事ある」っていうキャラばっかりやで!!
アレンが引いてる馬も、ヤックルやんか!!

すんごいメッセージ性はあるし、すごくいい映画なのだが、
宮崎駿監督にやってもらいたかった。
原作のゲド戦記が壮大な為、2時間に抑えるのは説明不足だったかも。

絵も雑。急いで作っちゃった??
線も太くて古臭い。

がしかーーーーーーーし!!!

このテルー役の手蔦葵ちゃんの「テルーの唄」にはやられた!!
最高!!
この歌のおかげでだいぶ評価が上がるのではないでしょうか??
「こ~ころを~なににたとえよ~お~♪」
泣く。

岡田准一(アレン)の声も違和感なく聞けたし、菅原文太(ゲド)なんて完璧。
レンタルされたらもう一度見たい。

「いのちを大切にしない奴なんて、大嫌いだ!!」

いいこと言う~。
b0082029_033079.jpg

[PR]
by c-chan88jp | 2006-08-06 23:08 | 映画
パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズチェスト
公開日に行ってまいりました。

ジョニーデップの最新作、
パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズチェスト!

キャプテン・ジャック・スパロウが、またもや
勝手気ままな海賊ぶりを発揮しておりました。

いや~、爽快でしたね。
1より2の方がエンターテイメントを意識しすぎているのか、
お客を笑わそうと必死?な感じがしてしまいました。
まぁそれはそれで面白かったし、良しとしましょう。

3の製作が発表されているので、
今回のデッドマンズチェストは、完全に3へのつなぎって感じ。
ストーリー的にも中途半端というか・・・・。

ま、そないに深くを求めてはいけない映画ですよね。

まーしかし、見てて痒くなるくらいの
海賊の風貌と、幽霊船の船員達。
オエ~~~~~ってなるくらい不衛生。
そして生臭そう。
顔ににフジツボとかついてたら気失うわ。
あたしは船乗りにはなれませんね。

早くパイレーツ・オブ・カリビアン3が見たい。
[PR]
by c-chan88jp | 2006-07-22 23:29 | 映画
映画三昧の連休
土・日・月の連休は、結構ノンビリした。

土曜日の午後からは、
「サハラ ~死の砂漠を脱出せよ~」
「大停電の夜に」を二本立て。

「サハラ~」は、面白かった!!
南アフリカで奇病が発生し、毒が蔓延している。
それの原因を突き止めるべく、
W・H・Oの医者と沈没船を引き上げる作業員とが
南アフリカを支配している軍に立ち向かう話。
元々ドタバタ・アクションは好きな方ですが、
真面目なテーマなくせに、あのコミカルなタッチが好きでした。
死にかけてる状態なのに、自分の帽子をいつまでも気にしているのが面白い。
どんな危機的状況でも、ユーモラスを失わない姿がカッコイイ!!
ペネロペ・クルスはやはりかわいいね。性格悪そうやけど。

「大停電の夜に」
なんですか、コレは。まるで面白くない。
クリスマスの東京に、隕石が落ちて大停電になるという話。
陣痛が始まった妊婦・エレベーターに閉じ込められた男女・
長年の秘密を打ち明けようとする老夫婦・不倫で不仲の夫婦・・・・
自殺をしょうとする少女と、それを止める少年、
今日で店を閉めるジャズ・バーのマスター、
そのマスターに憧れロウソク屋を営む女性・・・。
それぞれの思いが、この大停電の夜に思いを打ち明ける。
ローソク屋さんがちょっと素敵でしたが、
ほんまに良かったのがローソクの灯だけ。
ユラユラ綺麗やったー!あたしもロウソク欲しくなった。
田口トモロヲが、なんであんなにモテ役なのか?
不思議だ。
で、結果は登場人物多すぎて内容薄ぅ~~~!!

日曜日は、彼氏のラグビーの試合。
んで、試合中クラッシュですか?他チームの方と当たって大転倒。
指骨折。その他いろいろお怪我をなさって・・・・。
えらい騒ぎでした。あたしは見てただけですけど。
バーベキュー大会を辞退し、ゆっくりできる映画に変更。
怪我人を連れて、「日本沈没」観ました。

「日本沈没」・・・大変ですなぁ。
日本沈没したらどーしよう。大地震こえー!!
しかしまぁ、パニック映画の中でも最低レベルのストーリーのアホくささ。
見ててハラハラするどころか、「フッ」と失笑。
笑えてくる。
あかんなー。リアリティなさすぎ。
でも津波のシーンとか、道路陥没のシーンとか、
映像面では文句なかったです。
あ、でも奈良の崩壊のシーンは・・・、爆笑!!!
奈良をナメてませんか??
ま~~~しかし、笑えました。
周りの席の方々が泣いているのを見て、「何故?」状態。

そして家でゆっくり
「エターナル・サンシャイン」見ました。
恋人の記憶だけを忘れる手術をお互いに施し、
大好きだった人と、赤の他人として生活を再出発しようとするが・・・??
ま、やっぱり好きになった人を忘れてしまっても、
また出合ってしまえば恋に落ちるってことよ。
人間は同じことを繰り返すのです。
ケイト・ウィンスレットはキリっとしてて美人だけど、
ああいうヒッピーなファッションは似合ってない。
赤い髪も、青い髪も、緑の髪も、似合ってない。
そしてジム・キャリーが暗い役をしててちょっとトキめいた。

さらに月曜日の祝日は・・・
「エリザベス・タウン」
「イン・ハー・シューズ」の二本立て。

「エリザベス・タウン」は、すごく好きな映画でした。
事業に失敗したドリュー(オーランド・ブルーム)が、同時に恋人も父親もなくし、
失望の中、父親の故郷エリザベスタウンに葬儀に向かう。
その途中に出会ったCAのクレア(キルスティン・ダンスト)の前向きさに、
次第に心が晴れやかになっていく・・・。という話。

ああ、好き!!こういう「人生の挫折と再出発!!」みたいなヒューマン・ドラマ。
めっちゃ泣けるし、微笑ましいし、影響される。
明るく無邪気なクレアのような女の子になりたい。
キルスティン・ダンストはほんとにオシャレ!!
「スパイダーマン」シリーズでは、そのセンスが発揮されてないけど、
この映画では大いにオシャレを堪能させてくれました。
いやらしい感じのない、自然な脱力系オシャレ。
是非マネしたいもんです。(あのスタイルさえあれば・・・くそう。)
とにかく、音楽も街も素敵で、
あたしもエリザベス・タウンに住みたいと思った。

そして「イン・ハー・シューズ」
やり手弁護士でも男にオクテの姉と、頭は悪くて男にしか興味の無い無職の妹、
そんな凸凹姉妹の「自分の人生を、自分らしく生きる」事を探す物語。
キャメロンディアスはかわいいのですが、
この映画の役にはムカついたねー。
弁護士のねーちゃん、めっちゃいい奴やし。
妹やからって甘えたい放題してんじゃねぇ!!!
「お姫様のように遊んでないで働きなさい」って言うばーちゃんの台詞、
その通り過ぎてあたしも思わず字幕読んでもーたわ!!
働かざる者、食うべからず!!!
ま、ストーリー的に女の子しか見れない映画ですな。

以上、6本ほど見ちゃいました。
でもまだまだ見たいものがい~~~っぱいある!!
どれもこれも、自分で見ないと面白いかどうかなんてわからない。
興味のあるものは、片っ端から見るベシ!!
映画から学ぶもの・・・実は結構あったりするんです。
[PR]
by c-chan88jp | 2006-07-17 23:41 | 映画